こんにちは!奄美産業活性化協議会スタッフです。

今回は、奄美で養蚕を行っている企業があると聞き、シルクを原料とした化粧品で有名な「株式会社アーダン」の関連会社である「株式会社 奄美養蚕」の森田さん(写真左上)を訪ね、お話をうかがいました!

(株式会社アーダンの紹介記事はコチラ!→ http://p.tl/iSCi )

1952年に2146戸あった奄美の養蚕農家は1963年には802戸そして、現在ではほとんど見ることができなくなってしまいました。そんな中、奄美の養蚕復活を期し、大日本蚕糸会の指導の元、養蚕を始めたのが「株式会社 奄美養蚕」です。

養蚕を始めるにあたって、はじめに行うのが蚕のエサを確保することです。

蚕のエサは桑の葉であることはご存知だったでしょうか?

自然の桑の木は島のあちこちにあるのですが、桑の葉を安定して手に入れるためには畑を作る必要があります。(写真左下:島桑の葉)

桑の木を栽培する土地は、蚕が農薬を嫌うためにそれを使用する畑から離れた場所に確保しなければならず、土地を見つけるのにはかなりのご苦労があったとか。

また、スタート直後には植え付けに適した大きさの苗を揃えることができないというアクシデントもあったとの事ですが、地元の方々の協力により、なんと数百本もの桑の木を確保する事ができたそうです。

そんな中で「順調に成長していく桑の木の姿を見るのはとても楽しいものだった。」と森田さん。

苦労を乗り越えて感じた手ごたえ。う~ん、これぞ養蚕業の醍醐味ですね!!

試行錯誤を繰り返しながらも、今夏は2万頭の飼育をしたという「株式会社 奄美養蚕」。

今後はさらに桑の葉を収穫する畑の充実、蚕の飼育の安定を進め、さらなる高みへ、奄美大島の養蚕業の復活へ、と同社の挑戦は今後も楽しみです!

株式会社 奄美養蚕の連絡先はコチラ ↓↓↓

鹿児島県奄美市名瀬和光町7-8 1F

電話 0997-57-0026

ブログ http://amamiyousan.amamin.jp/

地図はこちら↓↓↓

http://goo.gl/maps/q3umd

奄美養蚕