こんにちは!奄美産業活性化協議会スタッフです。

今回も奄美の良さを知ってもらうために、奄美市の「一集落1ブランド(※1)」にも認定されている奄美市住用町川内の「フナンギョ(※2)の滝」を訪れてきました!

 

1)一集落1ブランドとは、集落がもっている「自慢の宝」島唄、八月踊り、特産品、自然景観などをブランドとして認定し、集落の活性化を進めていくものです。

2)フナンギョとは、黒糖を入れる樽や、舟用の木材に利用するための丸太を、川内川の上流から流して運んでいたので、その場所を「舟木を切りに行く所」と呼んでいたことから「船行(フナンギョ)」というようになったそうです。

 

①奄美大島の中心に位置する奄美市名瀬から国道58号線を車で南下。約14㎞進むと左手に内海、右手前方には住用特産品販売所「サン奄美」が見えてきます。ここで、「一集落1ブランド」の看板がありますので右折しましょう。

DSC_0320-2

②ここから600mほど進むと、2つ目のブランドの看板が見えてきますので、ここを右折します。

DSC_0322-2

③さらに3㎞ほど走ると、最後のブランド看板です。残り500m。ここからは車を停めて、ゆっくり散策しながら滝までの林道を歩いていきましょう!

DSC_0334-2

 

④この林道では奄美ならではの生命力溢れた植物がたくさん!

ヒカゲヘゴ(※3)を見つけました。高さ5メートルはあるでしょうか。日本では最大のシダ植物らしいです。

 3)ヒカゲヘゴについてはこちら↓

Weblio 辞書より)

http://p.tl/gyAF

ヒカゲヘゴ

 

⑤森で自生しているクワズイモ(※4)です。

大きくて力強いですね。イモという名前がつきますが、食べられないようですよ。

4)クワズイモについてはこちら↓(Yahoo!百科事典より)

http://p.tl/91w5

クワズイモ

⑥オオタニワタリ(※5)です。

大柄で見栄えもいいので、観葉植物として人気のようです。

5)オオタニワタリについてはこちら↓(Yahoo!百科事典より)

http://p.tl/N6zi

オオタニワタリ

⑦水の流れる音が聞こえてきました!

ようやく滝に到着です!!!!

(奄美市名瀬の中心地から車で約45分、距離にして約18㎞です)

高いところから水しぶきを上げ、流れゆく様は、迫力満点の景観です!

 滝

⑧水は澄み、ひんやりした周りの空気に清々しさを覚えます。

 滝2

⑨滝には橋がかかっているので、間近で観察することができます!マイナスイオンをたっぷり浴びましょう!

 滝3

 

⑩行き帰りの林道で森林浴できますよ☆

フナンギョの滝へ行って、リフレッシュしましょう\(^o^)

林道

地図はこちら ↓↓↓

http://goo.gl/maps/e36St