こんにちは!奄美産業活性化協議会スタッフです。

 今回は奄美の良さを知ってもらうために、奄美市の「一集落1ブランド(※1)」にも認定されている「役勝(やくがち)エコロード(地域の自然環境と馴染んだ道路)」を訪れてきました。

「役勝エコロード」は奄美市住用町役勝にある自然豊かなエコロードです。早速、ルートを辿りながら、車で行ってみましょう!

地図はこちら↓↓↓

http://goo.gl/maps/gPC3d

※1)一集落1ブランドとは、集落がもっている「自慢の宝」島唄、八月踊り、特産品、自然景観ブランドとして認定し、集落の活性化を進めていくものです。

①奄美大島の中心に位置する奄美市名瀬から国道58号線を車で南下。35分程進むと、道の駅マングローブパークが左手に見えてきます。そこを通過し、さらに15分程進むと瀬戸内町へ行く道と宇検村へ行く道の三叉路(写真)があります。こちらを宇検村側へと右折しましょう。

DSC_0804-3

②さらに100mほど進むと、すぐ左側に下る道が役勝エコロード(旧県道85号線で総距離2.6㎞)です!!「一集落1ブランド」の看板がありました。車を停めて、ここからゆっくり散策してみましょう!!(奄美市名瀬の中心地から車で約45分、距離にして約18㎞です)

DSC_0284-2

③エコロードに沿って流れる川が役勝川です。道路から川岸へと降りることができる道があるので、降りてみましょう。川岸には亜熱帯常緑樹がうっそうと生い茂っています。

DSC_0119-2

④水はひんやりと冷たく、澄みきっていました!川の水が流れる音が心地よく響きます。

川の中をのぞいてみると…

DSC_0135-2

⑤小さな魚がちらほらと見えました!何という名の魚でしょうね。

DSC_0093-2

⑥役勝川ではタナガ(※2)採りもできるみたいですよ (^_-)-☆

DSC_0247-2

※2)タナガとは、方言で「テナガ」の意味で奄美の河川では比較的多く見られるエビの一種です。特徴はその名の通り長いはさみ。体長の2倍近いはさみを持つ個体もいるようです。

⑦役勝エコロードは深緑の木々に囲まれ、「奄美渓谷」としての呼び名もあり、奄美ならではの希少な生物なども観察することができるそうです。

DSC_0199-2

⑧ここは年中通して、景観を楽しむことができます!大自然を前に心が洗われることでしょう☆

ぜひ、役勝エコロードへ!

DSC_0186-2