こんにちは!奄美産業活性化協議会スタッフです。

今回は「旨い島みやげ」、「味を売るお店」など、気になるキャッチフレーズを掲げる「奄美山海工房島一」さんを訪ねてきました!

島一外観

奄美に住んでから25年が経つという店主の吉田さん。釣りが好きで、大阪からこの奄美大島へご夫婦でIターンされたそうです。平成14年にこの「奄美山海工房島一」をオープンさせてから、多くの奄美みやげを作り出してきました。

店内の様子

「このつきあげを食べてみてください。」と吉田さんに勧められるままに、アオサ入りのつきあげを口にしてみました。「ベースのすり身はハーウルメ(赤ウルメ)を使っているのですよ。」美味しいでしょうと言わんばかりの吉田さんの表情の通り、調味料では出せない魚の自然の甘さを感じました。

聞くと、「このように美味しいつきあげは初めてだ。」と多くのお客様からお褒めの言葉をいただいているのだそうです。

つきあげ

吉田さんのこだわりは、塩作りから始まります。最高の味を求め、一般に販売されている天然の塩ではなく、自身の手作りである特殊製法の幻の塩「干瀬塩(シビジオ)」を使っているそうです。もちろん妥協はしないので、干瀬塩がなくなったり、新鮮な魚が入らなければ、つきあげは作らないとの事。

「島一では物を作っておりません。味を作っております。」と話す吉田さんは、商品を売る以上、どこにも負けない味の追求を徹底しているそうです。どこかで「うちのつきあげが一番美味しい!」と言うお店が出るのなら、そこへ行って味を研究し、それを上回る味作りをするとの事。吉田さんの味に対する思いや努力は、食べた瞬間に伝わってくる程でした。お客様の半分以上は、島一の味に惚れこんだリピーターの方なのだそうです。味を売るお店「島一」さんへ、旨さを求めてぜひお立ち寄りください。

「奄美山海工房島一」の連絡先はこちら↓↓↓

鹿児島県奄美市笠利町節田1894

電話 0997-55-2955

FAX 0997-63-1274

ホームページ http://shimaichi.com/

営業時間 8:30~18:00

定休日 毎週月曜日(但し、月曜日が祝日の場合は翌日に振替)・12/31・1/1

ご注文は電話かFAXにて受付。

■つきあげ(島アオサ入り・島水イカ入り・島竹の子入り・トビンニャ入り)

 15枚入り                       1,650円

 10枚入り                       1,100円

 5枚入り                         550円

■干瀬塩(シビシオ)       550円

■イギス漬                         525円

■パパイヤの香り漬           525円

■スモモジャム                  525円

■たんかんシャーベット 315円

(その他、ホームページなどでご確認ください)

地図はこちらから↓↓↓

http://goo.gl/maps/aIoAA